肺腺がん

獅童「奇跡起こしたい」6月初旬に肺腺がん手術、完全復帰へ決意 ...
9 時間前 ... 18日に初期の肺腺がんを公表した歌舞伎俳優の中村獅童(44)が20日、東京・羽田 空港で取材に応じた。人間ドックによる早期発見で「がんと言われてもピンとこない」と 説明し「少しでも早く見つかったことに感謝している」と語った。今月末に ...(続きを読む)


米メルク「キイトルーダ」、抗がん剤併用の肺がん治療法に承認
【ニューヨーク=高橋里奈】米製薬大手のメルクは10日、米食品医薬品局(FDA)が同社のがん免疫治療薬「キイトルーダ(商品名)」を他の抗がん剤と併用する肺がん治療法を承認したと発表した。がん細胞に直接働きかける抗がん剤「ペメトレキセド(物質名)」や「カルボプラチン( (続きを読む)

中村獅童、人間ドックで「肺腺がん」発覚 完治と復帰を祈る声相次ぐ
中村は18日直筆の文章で、初期の肺腺がんが見つかったことを報告。 「毎年、定期的に受けている人間ドックの中で初期の肺腺がんであることが分かりました。今見つかったのが奇跡的と言われるほどの早期発見で、この状況ですぐに手術すれば完治するとの担当医師からのお (続きを読む)

中村獅童が初期の肺腺がんで治療へ 早期発見のために必要なことは?
歌舞伎俳優の中村獅童(44)が初期の肺腺がんと診断され、手術を受けると松竹が18日に発表した。予定していた「六月博多座大歌舞伎」と「歌舞伎座七月大歌舞伎」は休演となる。 肺腺がんは健康診断で見つかったといい、「すぐに手術をすれば完治する」と医師に言われたこと (続きを読む)


肺腺がんステージ4、脳転移あり。 ガンマナイフを受けてから経過観察をしていたと...
肺腺がんステージ4、脳転移あり。 ガンマナイフを受けてから経過観察をしていたところ、肋骨への転移が見つかると同時に、胸膜播腫による胸水のため、呼吸が苦しくなってきたため、胸膜癒着術をしようということになりました。 入院し、ドレーンを挿入して胸水は抜けたのですが、その後肺が思うようにふくらまないとのことで、癒着術はやめて、そのままドレーンを抜き、抗がん剤治療をすることになりました。 しかし、その抗がん剤が効くかどうかもわかりませんし、効くとしてもすぐではないでしょうから、どんどん胸水はたまっていってしまうと思うのですが、大丈夫なのでしょうか。 また、その抗がん剤も、シスプラチンとペメトレキセドとアバスチンを同時に投与するとのことなのですが、これはよくあることなのでしょうか?副作用が強く出るのでは・・・と不安でなりません。 また呼吸困難で苦しい思いを繰り返すことになるのか、そしてその苦しさに抗がん剤の副作用の辛さも加わるのか・・・と思うと不安と恐怖でおかしくなってしまいそうです(なお、現時点では脳転移のほうは追加治療などの必要はないと言われています。骨転移に対してはランマーク療法をすることになっています)。 とりとめのない文章で恐縮ですが、おわかりになる方がいらしたらお答えいただければ幸いです。(続きを読む)